40代ワーママのシアワセ模索日記

事務職ワーママ41歳。夫(42歳)と長女(8歳)と長男(1歳)との4人家族。長女2歳の時に離婚、シングルマザーを経て5年後に再婚し長男出産。今の働き方に疑問をもち、もっとシアワセになれる働き方を模索する日々。

産後ドゥーラという仕事

こんばんは!

夜中に目が覚め寝れなくなったので、ブログ書くことにした。

 

いろいろ考えはじめてから、やりたいかもと思える仕事に「産後ドゥーラ」がある。

 

産後1年の私でも知らなかったので、まだ利用してる人は少ないんだろう。

産前産後に、家事や育児、母親の育児相談など寄り添いながらサポートする専門家だ。

私のドゥーラは私の母だったわけだが、そんなおばあちゃん的なサポートができないか?必要な人いっぱいいるよね?と思っていた。

いろいろ調べると、産前産後のケアする仕事をするための資格もいくつかある。

 

産後ドゥーラと、産後ケアリストというのがメジャーなようだが、開業サポートや開業後の保険などもあって、協会に登録してる人数も多そうな、産後ドゥーラの方が有力そうだ。

東京都のいくつかの自治体では、産後ドゥーラを産後支援で派遣しているところもあるみたい。

 

産後ドゥーラとして、活躍してる方のブログを見て、魅力的な仕事だなと思うとともに、もっと充実した産後1年を過ごせたのかも、と後悔の念もある。

 

とにかく産まれるまでは出産のことで頭がいっぱいで、産後サポートは私の母が近くにいるしどうにかなるか、くらいしか考えてなかった。

もっと夫とも話しあってれば、あんなにギクシャクした1年を過ごさずに済んだかも。

もっと成長の記録をブログでもなんでも残しておけばよかった。

もっと、積極的に外に出ていればよかった。

 

後悔の念はいろいろ出てくるが、子供と2人じっくりベッタリシアワセな時間だったのは確かなんだけどね。ただ頭にモヤがかかっていた1年なのか、あまり思い出せないのだ。

 

そんな後悔の念や、まだまだ1歳時を子育て真っ最中だからこそ、この仕事が活きるんじゃないかな、とかなり前向きに考えはじめたところである。

女性ホルモン万歳!

こんにちは!

 

いきなりだけど、生理前で体が重い。

朝もなかなか起きる気がしない。

体も頭もどんよーりした感じ。

 

そんなだるさを感じながら如何に女性は女性ホルモンの影響に左右されながら生きてるかを思う。

一か月のサイクルで、ホンモンの変化を繰り返しながら、グルグル、グルグル。

 

妊娠出産でも女性ホルモンは大きく変化するらしい。

私は2回出産しているが、やっぱり子供を産んでからの、気持ちや考え方の変化は著しい。

 

1人目産んだときはとても自分が強くなったように思う。この子を守らねば、という思いから、元夫との借金生活から抜け出すための離婚を決意することができた。今思えば本当に離婚してよかった。何度も借金を繰り返す元夫。もう病気である。

 

今回2人目を産んでから、働き方を考えるようになったのも、そんなホンモンの影響も受けてるのかな、とも思う。

 

女性は出産で脳が変わる、なんてこともTVで脳科学者が言っていた。そうかもな、とも思う。

 

男性ホンモンは女性ほど変化は激しくないらしい。

 

そういう意味では、女性の方がいろいろな経験をしたり、何かを変えるきっかけをつかみやすいのかもしれない。

 

今の日本の社会構造上、女性が不利だという面もあるが、出産育児でいろんな体験ができたり、考えや気持ちが変わったりできることは、面白いといえば面白い。

 

平日は私もワンオペになりがちだが、平日子供にずっと会えないこともある忙しい現夫にくらべ、毎日おはよう!と子供とギューできたりする自分はシアワセだな、とも思える。

夫の食べた食器を朝から片すのはイラッとするけど、そこはあえてスルーしてみる。そこに着目しすぎると疲れるから。

 

女性ホルモンの話なのか何なのか分からなくなったけど、まあいいか。

 

ネットで女性ホルモンの変化について調べたら、50代前後で急激にさがるらしい。更年期ってやつだね。

私にも遠くない未来にやってくるのかな。こわいけど、そのころには今よりもうちょっと輝いている自分でいたいな。

 

 

 

 

 

 

 

学資保険やめようかな

おはようございます。

 

昨日に続き支出について見直せないか考え中。

 

娘2歳の時に離婚してシングルマザーになった。元夫の借金が原因だ。

それはさておきそんな状態で離婚し一人になり、今後のためにとあわてて入ったのが

学資保険だ。

シングルマザーになって不安だったことは、今は安定した仕事があるからいいけど、

もし私が死んだらこの子はどうなるの?(生活費や学費はどうするの?)ということだった。

公的年金と当時の会社にあった共済金で日々の生活はなんとかなりそうだったので、

死んでも学費がある程度確保できるように、と学資保険に入った。

 

保険料は月々15000円くらいなのだけど、再婚した今もそのまま私が払っている。

 

で、再婚した今の段階で「死んだらどうなるの?(お金はどれくらいもらえるの?)」を考えてみた。

 

シングル時代にためた貯蓄(投資信託で手堅く運用中)が約500万

共済の死亡保険金で400万

遺族基礎年金で月々約10万(※今は妻が死んでも、子がいる夫にも支給されるらしい!)

(学資を解約したとしたら)100万

 

 

ざっくり計算しても遺族基礎年金とは別に10000万くらい残せることがわかった。

現夫は普通にサラリーマンしてるから、さすがにそれだけ残せればなんとかなるだろう。

再婚時に全然見直してなかったから、自分でも気づいていなかった。

 

なーんだ、無理して学資保険に入っていなくてもいいんじゃない?

という感じになりました。

しかも私が入っている学資保険は、元本われの商品だし、解約して現在手堅く運用中の

投信に資金投入した方がよっぽどよさそうだ。

こんなことならもっと早く調べておけばよかったな。

 

支出がある程度減らせれば、別の仕事を考える上で、選択幅が広がるぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルカリで買ってみた!

働き方を考える中で、今の支出が妥当なのか考えるようになった。

だんなの扶養に入るのは絶対やで(対等でいたいから)、今家計は項目別に分けて夫婦で負担しているのだが、なるべくこのままでいきたい。

 

子供の洋服などは私が負担しているが、ちょこまかと支出が発生する。洋服や靴は1.2年でサイズアウト。ユニクロ西松屋など安いとこで買っていても、2人分となるとそれなりにかかる。

 

次男の保育園で、プール遊びに水着が必要になり、お店で値段をみたら、安くても2000円くらい。1シーズンしか着れないのにもったいないなあーと思い、やたらラジオで宣伝してるフリマアプリ「メルカリ」をのぞいてみた。

たくさんあるし安い!しかも簡単そうだったので、750円で早速購入。長女も新しい水着がほしいというので、こちらも800円で購入。新品をお店で買うより、3分の1くらいの値段だ。

 

リサイクルショップで古着も見たことあるけど、そんなに安くもないし、ほしいものも探しにくい。いらなくなったものをリサイクルショップに売っても、値がつけばいいくらい。

 

メルカリに出品したら、メルカリに売上の10分の1を手数料で払うらしいが、送料負担しても、いくらかは確実に入りそうだ。

 

いろんな本で、「物々交換の時代」と書いてあるが、メルカリもそれに近いのかな。中間搾取されないというのはこういうことなのか、と身をもってわかった気がした。

 

次は出品もしてみたいな。なんでもやって社会勉強だー!

 

テクノロジーの進化を想像して感じたこと

おはようございます!

今日はお仕事はお休み、夫と長女はそれぞれでかけたので、1歳の長男とお留守番。

おんぶで寝てくれたのでつかの間の自分時間をゲットしました!

 

さていろいろと模索を始めてから、これからの世の中がどんな風に変わっていくのか

どうしても気になってこんな本を読んでみました。

f:id:megumeguta:20180616092922j:plain

テクノロジーの進歩はどんどん加速しているらしく、子供たちが大きくなるころには

今と違う世の中がまっていそうです。

難しいことは全然わからないのですが、「LOT」と「AI」というものがカギなようです。

「LOT」というのは、あらゆる「モノ」がネットにつながるようになること。スマートウォッチ、スマートTV、スマートハウスなど。そしてその「モノ」たちは、私たちが五感を通して外界の情報をインプットしているのと同じように、センサーを使って外界の情報を探知するようになる。そしてネットを通じてそれらの情報がクラウド上に蓄積される。

「AI」は人工知能クラウド上に蓄積された情報を分析し判断し、センサーを搭載した「モノ」へ指示をだすことができるようになる。

 

でどうなるかというと、家やオフィスでは、電気のオンオフから室内の温度調整までクラウド上のコンピュータが自動的にやってくれるようになる。時計がネットにつながれば健康状態を把握し異変があれば知らせてくれるようになる、など。

 

「LOT」がさらに増え、あらゆるデータの収集が可能になると、その延長線上には「人間の意思決定の省略」があるというのです。休日のデートプラン、就職先、結婚相手などすべてのシーンで、良い結果をもたらす行動をシステムが教えてくれるようになる、というのです。

 

ここまできて私はなんだかとてもさみしい気持ちになってしまいました。

こうでもないああでもないと日々悩みながらも、いろんな判断をして、失敗したりうまくいったり、でもそれが生きることだと思っていました。

AIがすべて判断するようになったら、生きる上でのおもしろみって何なんだろう。

 

結局はその時がこないとわからないのですが、AIがいろいろ判断してくれちゃう時代がくるのかと思うと、私たちが日々育児や人間関係などで悩みながらも思考錯誤しながら暮らす日々が、なんだかとても尊いもののような気がしました。

 

テクノロジーがどうなるのか?という本を読んで、こんな感傷的な気持ちになるとは思っていなかったのですが、これもまた自分自身の発見と思えばよかったのかな。

もちろん未来がどうなるか?の一部が知れたのもいい勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンテナをはること

おはようございます!

やっぱり朝型なのか、一昨日夜にブログ書いて少し遅く寝たら、一日眠くて仕方なかった。子ども起きたらできないのがネックだが、やっぱり朝時間を活用したいなあ。

 

働き方への疑問を感じ始めてから、本を読んだり、ネットで他の人のブログやツイートを見たりして情報を集め、いろんなことをぐるぐる考えていると、不思議なことが起こる。

普段は車通勤でラジオでJWAVEを聞いているのだが、今まではなんとなくバックミュージック的に流れているだけだった。それが最近は「それ気になる!」と思わずボリュームを大きくしてしまうようなことが格段に増えたのだ。

別所哲也さんの番組なんだけど、AIを使ったビジネスをやっている人の話とか、余っているお店のスペースで荷物を預かるビジネスの話とか、結構面白いのである。

 

本を読んでいても、「これは何?」と思うことが次々出てきて、次はこっち関係の本を読んでみたい、と思ったり、知的欲求がすごくわいてくるのである。

 

この変化には自分でも驚いていて、頭の中にアンテナができて、いろんな楽しいことや気になることを「ピピピッ」と受信しているみたいな感覚。

 

「ピピピッ」今日も頭の中のアンテナでたくさんのことを受信できるといいな。

 

 

 

SNSというものへの偏見

こんばんは。

今朝は5時に起きたものの、子供が起きてしまい添い寝をしていたら書く時間がなくなり、子供が寝た後のこの時間になってしまった。。

今まではわざわざ早く起きたり、夜寝てから自分時間をとるほどやりたいと思えることはなかったが、今は10分でもいいから本を読んだりブログで考えをまとめたりしたい今日この頃。

子育て中のママなら誰もが思っているだろうが、本当に一人の時間がない。車通勤なので通勤中に本やスマホは見れないし。旦那さんは2時間以上かけて電車通勤しているから(本を読む習慣はないらしい)その時間を分けてほしい。といっても無理だが。

 

朝書きたかったことは気持ちが薄れてしまったため、最近思っていたSNSのことを書こうと思う。

正直言うと最近までSNS恐怖症というか、かなりの偏見をもっていた。ラインはメール代わりに使っていたが、Facebookもインスタもやっていなかった。育休中にインスタの育児漫画くらいは息抜きに見ていたが、自分から写真をあげたりはしなかった。何をあげていいのかわからなかったから。子供の写真はなんか抵抗あるし、インスタ映えした写真をあげることにも興味がなかった。

なんとなく内輪でお付き合いでいいね!をしあってる、そんなイメージだった。

 

きっかけはホリエモンの本(ホリエモンのファンではない)なんだけど、「今はSNSで自分の考えやアイデアを発信できる時代、どんどん発信してファンを作れ」みたいなことが書いてあり、私の今までのイメージはかなり偏見に満ちていたんだな、と思った。

ということで、TwitterFacebook、インスタ(これは少し前からだけど)と登録してみた。まだ使いこなせてないけど、普段の生活では出会えない人に出会えたり、考えを拝見したりできる場所なんだな、と今は思っている。あと勇気をもって自分の考えを発信したりする場所になればとおもっている。

 

今まで私はアウトプットする力が極端に弱かったなとつくづく感じる。頭ではいろいろ考えていて、気になることは本を読んだりするのだが、なんとなくそのまま消化不良な感じで終わっていたように思う。

 

インプット&アウトプットを繰り返しながら、ひとつづつすこしづつ答えを見つけていきたい。