余白とともに生きていく

事務職ワーママ41歳。夫(42歳)と長女(8歳)と長男(1歳)との4人家族。長女2歳の時に離婚、シングルマザーを経て5年後に再婚し長男出産。今の働き方に疑問をもち、もっとシアワセになれる働き方を模索する日々。

産後クライシスだった⁉︎

こんばんは!

 

また1週間ぶりになってしまいました。

ツイッターでいろいろやりとりをする中で、少し気づいたことがあります。

私は2人目の子を出産をしてから、1年ちょっとになりますが、産前産後の夫婦関係はかなり冷えこんでいました。

勉強不足で対応不足だった自分自信の反省は感じていましたが、自分の心にはあまり向き合っていなかったなと思ったのです。

産後ドォーラになりたい!と意気込んで、いろいろ準備を進めていますが、そう思う背景には、もちろんこれからママやパパになる人達をサポートしたい気持ちに加え、自分の心の修復もしたいという気持ちが込められてる気がしたのです。

 

夫とのギクシャクした関係の中で、自分で思っているよりも深く傷ついているのかな、と思いました。ということで、その傷を癒せるのかわからないけど、何がやだったのか、どうしたかったのか、とりあえず吐き出してみようかな、と思います。

◇妊娠中

・お腹が大きくなっても、気遣いの言葉をかけてもらえなかった

・お腹が大きくなっても、家事を積極的にやってもらった記憶がない

・労いや心配の声をかけてもらった記憶もない

・名前を相談しても、一緒に考えようとしてくれなかった

◇産後

・産後の役所系の手続きの時に、私が何も教えてくれないからわからないと言われた

・産褥期に、ご飯を準備してくれたりしたけど、私が手伝わないと怒られた

・産褥期を過ぎると帰宅が遅くなり、平日は全然家事育児をしてくれなかった

・子供をみながらご飯を作っても、食べたり食べなかったり、感謝や労いや気遣いすらなかった

・ご飯のことでケンカになると、謝りもせず、しまいには作らなくてもいいと言われた(こちらはどうにかうまくいくよう提案したが、結局は拒否された)

・ケンカになっても絶対謝らないので、私が謝ったりしてたけど、本当は謝りたくなかった

・私は育児に明け暮れてるのに、飲みに行くこともちょこちょこあって、本当はやだった

・洗濯の仕方でケンカになった時も、解決させようとするのではなく「自分のは自分でやる」と言われ、拒否されたと感じた

 

いっぱい書いたけど、文句を言うのは雰囲気が悪くなると、ほとんど言わずに我慢していたように思う。我慢が限界に達した時は、夫の洗濯物や布団を踏みつぶしたりしていた(バイオレンスー笑)

今はそうなることはないので、当時は少し病んでいたのかも。

愚痴を吐き出す先もほとんどなく、休日は子供の面倒を見てくれたりするので、母からは「(夫は)よくやってくれるじゃない」と言われ余計気分が重くなったりした。

 

まさに産後クライシス。

 

私は何を求めていたのだろうか。

多分、労ってほしかったし、気持ちを受け止めてほしかったのだ。でも衝突を恐れて、ただただ我慢していたように思う。

 

からしたら夫の言い分があるだろう。

家に帰っても笑顔もなく目も合わせない妻。居場所がないと感じていたに違いない。

 

育休明けからは、やれる範囲で家事や育児をやってくれるようになった夫。会話はだいぶ増えてきたけど、心の傷はお互いにまだ癒えていないのかもしれないです。