余白とともに生きていく

事務職ワーママ41歳。夫(42歳)と長女(8歳)と長男(1歳)との4人家族。長女2歳の時に離婚、シングルマザーを経て5年後に再婚し長男出産。今の働き方に疑問をもち、もっとシアワセになれる働き方を模索する日々。

心の余白をとりもどす

先日、夫婦喧嘩後の悲しみを書きました。

私にしてはずいぶん引きづり、モヤモヤした気持ちが続いていました。

このままでは、心の余白がそのことに支配されてしまうので、意識的に取り除いていこうと思います。

 

①夫のマイナスのパワーに引きづられない

まず、喧嘩の時に受けた夫のマイナスのパワーがものすごかった。ここ何日かそのパワーに引きづられてしまっていた。心は悲しく気分が落ちこんでいる状態。このままもんもんと考えてたら鬱になるのではないか、という感じ。

私が夫に優しくない、という面は確かにあるけど、多分私がいくら気にかけたとしても夫の満足に達することはないと思う。夫自身が自分に満足してないから。

だから夫の要望に応えようと躍起になる必要はない。自分のペースで、できる範囲でやることにする。

 

②いつも以上に余白をつくる

心労とでもいうのか、多分私は疲れている。食欲もあまりないし、首にヘルペスみたいなのも(疲れるとでる)できてる。

こういう時は、がんばりすぎず、家事はなるべく手抜きして、心の余白を増やそう。そうすれば、その余白でシアワセを感じることができるはず。夫とはギクシャクしてるが、かわいい子供もいつも一緒にいてくれるし、信頼できる両親も近くにいる。職場の人間関係も良好だ。

 

ということで、今週は手抜きウィークで、乗り切ろう。

 

自分の心とちゃんと向き合って、処方箋を出すのはとても大切なことだ。

私の心は、私のものだ。